新執行部のスタートにあたって
幹事長 檜山 雅顕(昭44卒)
 皆さん こんにちは
 我々、執行部(幹事長、各委員長・副委員長、事務局長・次長)は八木会長より委嘱され平成17年4月1日にスタートしました。
 任期は2年、会員各位のサポートがなければ会運営は困難です。どうぞ、ご協力のほど宜しくお願いいたします。
 さて、「同窓会とは何か」ですが、同窓生間の親睦・交流を図る場、文化事業を行う場であり、また現役生にも先輩として何かしら役に立つことをする、そういうことを目指す集団と言えるのではないでしょうか。 色々な考え方を持って参加する同窓会がありますが、本会はあくまでも自分自身の営利を目的とせずに、集う会でありたいと考えています。
「楽しくなければ同窓会でない」というコンセプトの下、先ずもって、ボランティアである幹事が苦痛ばかりでは、やっている意味も無くなってしまいますので、同窓会活動そのものが楽しいと思える会、いろんな人達に会えて感動したと思える会を目指しています。
 幹事が楽しいと思える会は会員も集まれば楽しい会、人生のためになる会のはずです。
 先輩には敬意を払い、後輩には優しさを持って接する姿勢は必要ですが、案外、先輩後輩とも気楽に交流できる会ですので、興味のある企画にはぜひ参加してください。また、企画提案もお待ちしております。
 このたび、創立50周年記念行事を平成18年2月25日(土)の「同窓の集い」時に行うことが決定し準備は着々と進んでいます。50周年記念誌発行計画も進行中であり、それらの記念事業費(120万円)として、また、今後の本会運営の基盤となる基金(380万円)を残すために、50周年記念募金活動を平成18年3月31日まで行います。募金目標額は500万円です。
 東京知道会の将来の為にも、ご協力を宜しくお願い致します。

HOME