会報委員会 平成22年度会務報告
          会報委員長 保坂賢司(昭和55年卒)

このたび、前任の畑岡先輩より会報委員長を引き継ぐことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。
会報委員会では、夏と冬の年二回会報を発行し、約4,500名の方に発送しています。この夏に発行を予定している69号では、2月に開催された同窓の集いをはじめとする行事、母校の近況や、各方面でご活躍されている同窓生の方などを掲載する予定です。
会報委員会のメンバーで力を合わせて、より魅力ある会報となるよう努力してまいりたいと思います。そのためにも、各方面で活躍されている同窓生や、同窓生の交流などの情報がございましたら、会報委員会までお知らせいただきますようお願い申し上げます。

会報委員長から

会報委員会よりお知らせいたします。
会報60号は、数日以内にお手元に届くことと思います。今回の号は、東京知道会創立50年を迎えるにちなんで、創立当時のエピソードから、これからの同窓会のあり方を考えてみました。また、記念誌の製作につきましても年内の発刊に向けて準備を行っていること等、そのほかいろいろな仕事をしながら活躍する同窓生を取材しております。
さらに、2月25日の同窓の集い(午後1時開始 於 サンケイプラザ)のご案内を組んでおりますので、会員およびお友達お誘いの上、ご参加いただきますようご案内もうし上げます。
次号61号は、この同窓の集いや、東京知道会で行う行事と、各方面でご活躍の同窓生、会員の皆様の余暇・趣味等を掲載する予定でおります。
つきましては、各方面で活躍されている同窓生をご紹介いただければ、お近くの方は会報委員会で取材や、記事提供依頼により紙面を充実いたしたいと思いますので、自薦、他薦を問わず会報委員会までご連絡いただければ幸いです。


HOME