浄瑠璃の会

「国立演芸場」にて女流義太夫を鑑賞します。(リンク)

詳細 指導:佐佐木鐘三郎(昭16)

世話人:海老根宏(昭36)TEL(03-5941-9128)

古典芸能に親しむ機会をとの佐佐木氏の御配慮で、無料(通常

¥3000)で鑑賞できます。時代劇のある場面を義太夫と三味線で、

配役によっては複数の方が、演目によっては、鼓、小太鼓、琴、人形

も加わりじっくりと聞かせてくれます。

若い方達にも理解できるよう、講談師の説明やプロデューサーにより

展開の速い、楽しい会になるような工夫も試みられています。

日程
平成21年の予定

4月22日(水)、5月26日(火)、6月23日(火)、

7月22日(水)、8月19日(水)、9月17日(木)、

10月27日(火)、11月19日(木)、12月17日(木)

平成22年

1月19日(木)、2月23日(火)、3月29日(月)

場所 国立劇場演芸場 開場午後6:00 開演午後6:30  

東京メトロ:有楽町線・半蔵門線永田町駅5分

      半蔵門線     半蔵門駅5分

      丸の内線   国会議事堂駅8分

★★★お知らせ★★★
 
 鑑賞希望される方は、当日、午後6時15分までに

1階奥の赤い長椅子の所にお越しください。

36卒海老根宏、41卒佐渡本真理子がお待ちします。

鑑賞後、九段坂上のすし屋で大将お勧めの刺身や

寿司でおいしいお酒が飲めます。

懇親会会費 ¥3000(参加自由)